みなさんが…。

子犬の時期がしつけをするなら一番と思います。単純に、年を重ねて成長してしまった成犬よりも、幼い犬の方がしつけを受け入れやすいのは、常識であると言ってもいいのではないでしょうか。
最初のお散歩については、子犬対象の全ワクチンが終了してからするのが一番です。しつけなどを間違えた場合、犬との暮らしというのがひどくストレスを重ねる結果になってしまう可能性もあります。
黒い毛を持つトイプードルが中でも最高に聡明だと言われたりします。このため、しつけも容易にできるという長所があるみたいです。
みなさんの小犬が噛んでくれるという時点が、「噛むことは良くない」ということをしつけてあげる好機だと思います。噛まないようでは、「噛むことは良くない」というのをしつけることはできないですから。
犬にとってリーダー格は飼い主さんという状況を認識させるべきで、散歩に出かけたら、常に愛犬がオーナーの挙動を見て散歩するようにしつけを実行することが大切ではないでしょうか。

もともと柴犬は、無駄吠えというものをし易い類の犬ではないでしょうか。従って、無駄吠えのしつけには「すんなりとはいかない可能性も大」と覚悟したら逆に楽でしょうね。
あれこれとただ吠える犬をしつけようとしても効果がなくて、あなたはヒステリックになっているとは考えられませんか?犬からしたら、直感のままに、ただリアクションとして吠えているというわけです。
一般的に無駄吠えが少なく、人懐っこいばかりか飼いやすいラブラドールだけど、なんといっても大きな犬であるため、主従関係のしつけを忘れないで、それ以外のしつけも最初からするべきです。
トイレと言えば、愛犬が自分から定位置で便をする行為なので、トイレのしつけについては、出来るだけ早い段階でしっかりと行う必要があることはお分かりでしょう。
犬の中には、欲求などを満足させているというのに、王様気分で周囲の人の注意を得たいばかりに、無駄吠えを繰り返してしまう犬が多数いるのは真実です。

みなさんが、吠える犬のしつけをする時は吠える癖のある愛犬の本質を納得しつつ、スタートしないといけないはずです。基本的なことだと思います。
もしも、従順な犬を連れて散歩をしていたら、やはり尊敬されますし、他の人たちに役立つしつけ法について教えたら、感謝されて救世主になるは明らかです。
私も以前は、しつけができるまでは吠える、そして噛む行動に困ったこともあります。懐いてほしい犬なのに、私に対して吠える上、噛みつく、辛く悲惨な思いをしました。
柴犬はとても利口ですし、特に辛抱強さが特徴の犬と言って良いでしょう。なので、おトイレのしつけなどもすぐに習得して、覚えたら、かなりの確率で失敗したりすることはないかもしれません。
リーダーウォークとは、犬の散歩に関するしつけというより、オーナーと愛犬との主従の関係を築くための試練だと言えます。とはいっても、焦ったり、動揺したりしては良くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です